歯科医院と法律

歯科医院と開業にするには、その法律についても、知っておく必要性がありますよね、歯科医師法は1948年に制定された日本の法律の一つです。歯科医師全般の職務・資格などに関して規定した法律です。主な規定として、まずは第1条 歯科医師の任務があります。歯科医療と保険指導を司ることによって、公衆衛生の向上と増進に寄与し、国民 の健康的な生活を確保することが目的です。そして第3条の絶対的欠格事由未成年、成年被後見人、被保佐人は歯科医師になれない。さらに第4条 相対的欠格事由心身の障害、麻薬、大麻、あへん中毒、罰金刑以上の刑に処せられたもの、医事 に関する犯罪、不正を行ったものこれらは、医者に書かわわず、当然と言ってしまえば当然の話です。第6条 登録・免許証の交付及び届出歯科医師国家試験に合格した者の申請で歯科医籍に登録されたもの、厚生労働大 臣が免許を与えたときは免許を交付する。このように厚労省が管轄なんですよね。第7条 歯科医師の処分戒告、3年以内の歯科医業の停止、免許の取り消し処分を厚生労働大臣から受ける。 第7条の2の歯科医業の停止を命ぜられ、当該期間中に歯科医業を行った者は第 30条の規定により1年以下の懲役または50万円以下の罰金または併科さらには第15条 歯科医師国家試験または歯科医師国家試験予備試験における不正行為の禁止です。これも当たり前の話ですが、こういったことも知っておく必要性があります。第30条の規定により虚偽の事実、不正によって免許を得た者は3年以下の懲役ま たは100万円以下の罰金第30条の規定により3年以下の懲役または100万円以下の罰金または併科第30条の2の規定により3年以下の懲役または200万円以下の罰金または併科などがあります。これらは全て日本で、歯科衛生士は1948年に制定された歯科衛生士法に基づいた国家資格です。歯科医師の指示のもとで歯科予防処置、歯科診療補助や歯科保健指導などを主に行う歯科医療職になります。ちょっと今の時代にあわせてもいいような気も致しますが時代にあった改正されるでしょう。

Comments are closed.